プライバシーマーク制度は事業主に多くのメリットがある!

プライバシーマーク制度の重要性!

プライバシーマーク制度は、個人情報の適切な保護を行える体制を整備している事業者を認定する制度です。認定された事業者に付与されるのがプライバシーマークになります。個人情報はとても大切で犯罪に悪用される場合もあります。例えば、個人を特定してその人の商品購入履歴を第三者が知ることができれば、それらの情報を利用して詐欺に使用することも考えられます。第三者に自分の個人情報や商品購入履歴から趣味や好み・生活スタイル等を知られた場合は不快な気持ちになります。現在はインターネット社会でそれらの情報が多くの人に知られてしまい、とりかえしのつかない事態になることも十分に考えられます。その様な事態が無い様にするのがプライバシーマーク制度です。

プライバシーマーク付与により事業運営は円滑になる!

プライバシーマーク付与には、審査機関による厳格な基準により審査されます。厳格な審査を通過した事業主は個人情報を適切な保護を行える事業主と言う社会的信頼を獲得できます。社会的信頼を獲得することにより顧客は信頼して取引を行うことができ収益向上に繋がることが考えられます。個人情報の流出等を可能な限り少なくすることにより、余計なトラブルの発生を防ぐことができます。個人情報流失に関して自社の過失があれば民法709条等により他人に損害が出てしまった場合は損害を賠償する場合もあります。もちろん、関連先にも影響を与えてしまい個人情報流出は良いことは無いです。この様なことを防ぐことを可能とするのがプライバシーマーク制度で、付与される側には大きなメリットがあると言えます。

会社などで使用するシュレッダーを選ぶ時のポイントは一度に何枚まで切断出来るかCDROMなど記録媒体なども切断できるか、切断したものが入るボックスは大きいかです。