ホームページって初心者でも作れるものなの!?

現代における基本的な作り方

昔と比べて、今ではホームページを作るがとても簡単になりました。では、どういう風に作るのが一般的かというと、レンタルサーバーと契約してCMS(コンテンツマネージメントシステム)をインストールします。インストールが完了したら、操作画面にログインして1ページずつページを作っていく形になります。ただし、サーバーにインストールするタイプのCMSは一度アップデートに失敗したり操作ミスをすると初心者では復旧できないような事も起きかねません。その場合、最初からホームページを作り直さなければならない恐れもあるため、技術に自信がない人は別の方法を探す必要があります。

ブログくらい簡単に操作できるCMSもあり

レンタルサーバーと契約して無料CMSをインストールする形であれば、サーバー代以外にかかる費用はありません。ただし、サーバーインストール不要のクラウド型CMSもあるため、月額利用料はかかりますが、インストール型CMSの操作に自信がない場合は使用を推奨します。なお、クラウド型CMSはインストールが不要なだけでなくアップデートも不要で、操作もブログ並みに簡単なため基本的に誰でも使いこなせます。

HTMLとスタイルシートの知識は覚える

クラウド型CMSを使用する場合は誰でも基本的にホームページ作りが出来ますが、HTMLとスタイルシートの基礎知識がないと初歩的なものしか作れません。ワンランク上のホームページを作りたいのであれば、参考書を一冊ずつ買ってHTMLとスタイルシートの基礎知識を頭に入れる必要があります。ちなみにHTMLの事を詳しく学ぶと、併せてSEOの事も学べますので覚える事でアクセスアップも目指せます。

ホームページ制作を依頼する時はサービス内容や料金を確かめ、アクセス数を伸ばして利益につながるように決める方法が望ましいです。