どんな意味があるの?ビジネスにおけるマナー研修

マナー研修の重要性とは

マナーは、いつどこで、だれを相手にするかによって変わります。ビジネスにおけるマナーも存在しており、おおよその場合新入社員として入社してすぐにビジネスマナー研修を受けることになります。人の第一印象は非常に重要な存在です。第一印象が悪い人を信頼することはなかなかできません。そのためビジネスマナーを身につけて、信頼関係の土台を作ることは非常に重要です。スタッフ一人一人がビジネスマナーを身につけることによって、会社の評判にも大きな影響を与えます。

マナー研修では何を身につけるか

ビジネスマナー研修では、ビジネスにおける基本的な言葉遣いをはじめとして様々なことを身につけることができます。第一印象を左右する身だしなみを身につけることもその目的のひとつです。姿勢や清潔感を感じられる髪型や服装、人に不快感を与えない表情の作り方を知ることによって、円滑なコミュニケーションの土台を築くことができます。ビジネスにおける言葉遣いは、日常における言葉遣いとは異なります。見た目だけと思われないあいさつの仕方や電話対応の仕方、相手の目線に立ったコミュニケーションの仕方を学ぶこともマナー研修の目的のひとつです。このほか、報告、連絡、相談の仕方も身につけることができます。

マナー研修の実施方法

マナー研修の実施の仕方は、企業によってそれぞれ異なります。企業内の先輩社員や人事を担う部署のスタッフが行うこともありますが、外部の研修を専門に行う業者に依頼することもあります。外部業者は、費用は掛かりますが、専門的かつスタッフ間に軋轢を生むこともないという点でメリットです。

社員教育とは、企業が自社の社員に対して、働くうえで必要なスキルや知識、態度などを身につけさせるためにおこなう教育です。